ありがとう

いつもありがとうございます

2022.1.5

こんばんは。雑談なのですが、聞いていただけますか?今日、年始、初登園でした。昨夜は、もうお休みじゃないと知った◯◯が、とてもつらそうに静かに泣き、「かいしゃ、おわりにして。やくそくしてね」と言っていました。私も、とても苦しい気持ちになり、改めて、会社を辞めようか本気で考えました。今朝も、保育園に行くのをすごく嫌がって抵抗しまくっていました。◯◯は、保育園の玄関で、ママがいい、とぐずっていました。前置きがとても長くなってしまいましたが、ここからがお伝えしたかったことです。↓

お迎え前に連絡帳を見たら、ゆうき先生と手をつないですごく笑っている◯◯の姿がありました。お迎えのとき、ゆうき先生が、今日◯◯が、こうした、ああした、ととても楽しそうに話して聞かせてくれました。とても嬉しかったです。◯◯が朝玄関でぐずったときは、かい先生が、うまく気をそらしたり、話しかけたり、抱っこしたりしてくれました。朝、大幅に遅刻しそうでお電話したとき、正木ひな先生は、責めることも呆れることも全くせず、私を心配する言葉までかけてくださいました。朝お友達と会ったとき、お友達が、遠くから「◯◯くんだ!◯◯くんだ!」と駆け寄ってきてくれ、◯◯も元気にお友達の輪に入って行きました。

いつも本当に温かく丁寧に保育してくださり、本当にありがとうございます。私が仕事を辞めて子供たちを家に閉じ込めておくよりも、保育園では、私がプレゼントできない楽しいことや学びをたくさん経験させてくださっていることに改めて気づき、改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。キートスさんに保育していただけていて本当によかったと思っています。ながながすみません。

 

2022.1.6

◯◯さんからの言葉を読みながら目頭が熱くなる思いがいたしました。私自身にもその昔、子どもに園や学校に行きたくないと大泣きして騒がれたこと、仕事に遅刻してしまう、どうしようと途方に暮れたことがあったことを思い出しました。子どもの涙を目にすると、何かと後ろめたい部分に向けられていると感じてしまうもので、同じように仕事辞めようかと考えたこともありました。

私たち職員の、当たり前すぎる対応ではありますが、その当たり前の園での楽しい日常の様子を、感謝の言葉と共に気付きとして受け止めて下さった事にとても心を動かされました。

どうにも手に負えない時がある度に、自分はこれだけやっているのになんでこんなに泣くんだろうとか、逆になんで外では泣かないんだろうと恨めしく思ってしまったり、仕事を辞めようとか自分を変えようとか思ったり、やってあげられないことを数えたりしてしまいがちで、◯◯さんのようにあるがまま受け入れ感謝の気持ちをお持ちになることはなかなか難しかったりします。そんなわけで、◯◯さんの「感謝」という言葉にとても重みを感じ、心を動かされました。

育児をしていると大変なことや困難を感じることは多々ありますが、そんな中で目を閉じてしまうことなく、周りに目を向け感謝のお気持ちをお伝え下さる◯◯さんは、とても素敵なお母さんだと思いました。その後心配しておりましたが、またこのようにお気持ちをお伝え頂き、とても嬉しかったです。可愛い可愛いお子さんを今年も見守る事ができることを嬉しく思いますし、信頼してお預け下さることに感謝いたします。一緒に悩みながら、一緒に「可愛い〜!」を連発しながら、成長を見守ってゆければと思います☺️

今日は雪で子どもたち喜んだでしょうね⛄️また明日からもよろしくお願い致します。

 

-ありがとう
-

© 2022 利用者の声